« ちいさい | Main | みせばや »

November 24, 2006

ガサゴソ

Img_6205
勤労感謝の日はピョンコと岩盤浴。
そして、今日のパンは初心に戻って、リッチ生地でシンプルに。
もちろんピョンコ作。
丸い丸い。
作るたびにふわふわ度が増すよ。

そして、タックルさん。
ビニール大好きタックルさん。
ガサガサいうのが好きなのか何なのか。
ハーベストの袋の中でガサゴソいうよ。

|

« ちいさい | Main | みせばや »

Comments

ガサゴソしてますね~。
可愛いや!おじさんデレデレデス。

Posted by: よぴお | November 25, 2006 at 09:47 AM

よぴおさん
長いシッポが邪魔で方向転換ができなくて
ジタバタガサゴソいってます。
インコってちょっとアホなとこがかわいいですよねー
デレデレ~

Posted by: ぷか | November 25, 2006 at 11:12 AM

YouTubeでお見かけしてから、タックルさんのファンです。mixiづたいにこちらにたどり着きまた感激してます~(ストーカみたいでゴメンナサイ、)
タックルさんキレイで賢い子ですね!うちは11年めの子ですが、しゃべる気配はないのでうらやましいです。

Posted by: Kaoring | November 25, 2006 at 01:21 PM

Kaoringさん
こんにちは!
わぁ、タックルさんが褒められてる!!
うれしいです^^
でもタックルさんは賢いってゆうより、
私が日中ずっと家にいて、なにかと話しかけてるので
おしゃべりな子になったような・・。
それにタックルさんは実物を見ると
シッポにうんちつけたりしてて
割とばっちい鳥です(笑)

Posted by: ぷか | November 25, 2006 at 01:52 PM

こんにちは~。
いやぁん、タックルさん、袋の中で戯れてるぅ?カワイイですねぇ。
タックルさんは好奇心旺盛なインコちゃんですか?
うちのピノは怖がりなんだけど、(たいていはじめて見たものにはひるむのデス・・・^^;)そうそう、プチプチ(包装に使われるあのプチプチつぶすヤツです)には出合ったその日にイジョウに興味を示したそうです。
ピョンコさんはいつ見てもスゴイですねぇ。美味しそう・・・・

Posted by: かおりん | November 25, 2006 at 04:20 PM

かおりんさん
タックルさんも始めてみたものには異常に警戒しますよー。
でも好奇心はあるみたいで、遠くからチラチラ様子をうかがって、
攻撃してこないとわかるといきなり強気になります(笑)
基本的にビニール的なものは好きみたいで
ゴミ箱に捨ててあったビニール袋の中に入りこんじゃって
出られなくなってジタバタしてたりします^^;
そうそうタックルさんもプチプチ好きですよ。
何がそんなに魅力的なのかさっぱりわかりません(笑)

Posted by: ぷか | November 25, 2006 at 05:06 PM

はじめまして〜!
私もYou Tubeでタックルさんを毎日ヘビロテで聴いている大ファンです☆
我が家で「ビールくださーい」が大流行してしまいました!
コザクラインコと十姉妹がいるのですが、タックルさん見てて
セキセイも非常にかわゆすな〜と誘惑にかられています・・・!
男の子しかしゃべらないって知らなかったので、勉強になりました♪
またタックルさんに会いに来ま〜す+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

Posted by: kotori | December 03, 2006 at 11:59 AM

kotoriさん
こんにちは、はじめまして^^
コザクラを飼ってらっしゃるんですか?!
いいなぁ。
コザクラって見た目がラブリーですよね。
色もまるっこい感じもセキセイにはないかわいさ。
鳥を飼うときに、ちょっと迷ったんですけど
集合住宅で飼うことを考えて鳴き声が
小さい方のセキセイにしたんですよ。
とにかく小鳥はかわゆすです。
タックルさんは思いのほかおしゃべりが上手な鳥だったので
いつも笑わせてもらっております^^

Posted by: ぷか | December 04, 2006 at 12:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24435/12804022

Listed below are links to weblogs that reference ガサゴソ:

« ちいさい | Main | みせばや »